「凪のお暇」面白いです

凪のお暇


今クールの金曜夜はドラマが忙しいです。
特段、かわいい・美人て訳ではない実力派女優のドラマが特に良い。

黒木華の「凪のお暇」、木南晴夏の「セミオトコ」、多部未華子の「これは経費で落ちません」。
どれも面白いです。
セミオトコは主演は山田涼介ですが、主人公は木南晴夏ですよね。ドラえもんとのび太くんの関係。

やっぱり俳優は演技力が大事だなと改めて思いました。
中村倫也はいつの間にかイケメン枠になりましたね。
「初めて恋をした日に読む話」での影響が特に大きかったのでしょうか。
ワタクシの中での最初に認識したのは「土俵ガール」ですね。佐々木希主演。
その頃は特別イケメンて思わなかったと思います。

高橋一生もそうですね。いつの間にかのイケメン枠。
もともと子役なので昔からちょこちょこ出演してましたけど、一番印象に残っているのが「名前をなくした女神」です。
尾野真千子の旦那役ですね。
神経質&ヒステリックな役柄を好演していたと思います。
こちらのブレイクのきっかけは「民王」ですかね。
菅田将暉と遠藤憲一が入れ替わってる〜するヤツです。

それよりやはり主演の黒木華。
名前にそぐわずイマイチ「華」がないですよね。
ただ演技は一流だと思います。
彼女の最初の認識はリーガルハイです。
ラブ&ピースって連呼してた娘です。
リーガルハイは一期、二期ともに大好きなんですけど、あのヒッピーキャラあまり好きになれませんでした。
「重版出来」も面白くて観てました。
「ケモなれ」はガッキーファンな事もあって観たかったんですが、途中でリタイアしてしまいました。正直ガッキーの無駄遣い。
ここでもやはり黒木華は好演してましたね。

実力派女優の金曜のドラマ。
どれもオススメです。
関連記事

コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント