「新・魔法のコンパス」を読んでみて

お笑いコンビ、キングコングの西野亮廣の著書「新・魔法のコンパス」。
ワタクシとしては彼の著書を読んだのは「革命のファンファーレ」に続いての2冊目。

新・魔法のコンパス

相変わらずと言うか良くも悪くも西野節健在です。

西野の一人称は「ボク」。
読者のことは「キミ」。

「必ず満足させるね」「〜かな?」などの言い回しや、クラウドファウンディングの成功、「えんとつ町のプペル」、オンラインサロン「西野亮廣エンタメ研究所」などなどの宣伝や自慢。
全体を通して嫌悪感を抱く人も多いのではないかと。

だけど、どれもこれも敢えてやっているのでしょう。
自身もこの本の中で言っていますが、

「追い風」でも「向かい風」でも前に進むが、「無風」は危険。

ずっと「嫌われ者」としてテレビに出演していたキャラを上手に利用しているように思います。
内容も感心させられることも多々あり、満足できる物でした。

お金は「他者に提供した労働の対価」ではなく「他者に提供した価値の対価」だ。
これって本来、当たり前のことだと思うのですが、そうならないことも多いのではないでしょうか。

収入を増やしたかったら希少価値をあげる。
専業は希少価値を上げにくい。
本業=メイン収入という考えを捨てる。
目的に合わせてメイン収入をどこに置くか考える。
広告はニュースを出すことではなくニュースになること。
お客さんの発信力を使う。
人は相談するよりされる方が気持ちいい。
悩みを共有することで人が集まる。
セカンドクリエイターをいかに巻き込むか。
お客さんは時間を持て余すことを極端に嫌う。
人間は確認作業でしか動かない。
人は冒険に憧れるが冒険を避ける。
広告は積極的にネタバレさせる。
集客するためにはリピーターを作る。
満足度 - 期待度をプラスに。
誇大広告は簡単に帰ってこないお客さんを増やす。
未来は変えられないが過去は変えられる。
機能・品質・値段で差別化がはかれない。
選ばれる理由は人。
自分をブランド化してファンを作る。
姿勢や理念に共感し、変化していくことを支持してくれるのがファン。
にわかファンを否定するコアファンがコミュニティを破壊する。
情報は商品になりにくい。
魅力的な物語が必要。
負けの無い物語は売り物にならない。
ファン作りに必要な物語はヒット作の型を参考に。
感情の高低差。
バッシングは積極的に拡散→ブルーオーシャンの時間が伸びる。

ざっと気になった部分を箇条書きにしてみました。
現在を生きる為に、これからを生きる為に、幸せに生きる為に、ときめいて生きる為に、非常に参考になると思います。

チョットお試しで動画にまとめてみました。

関連記事

コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント